1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 on May 2017
新年のご挨拶&『帝冠の恋』オーディオドラマ化

2017年になりました。

新年あけましておめでとうございます。

 

皆様にとって2016年にとってはどんな年だったでしょうか。

私にとっては、自分は本当にたくさんの方々に支えられてここにいるのだなということを改めて実感した年でした。

『革命前夜』(文藝春秋)が大藪春彦賞を受賞したことに始まり、多くの出逢いがあり、刺激を受けることが本当にたくさんありました。

そして年末に、『また、桜の国で』(祥伝社)が第156回直木賞候補に。

いやあ……人生なにがあるかわからんもんですな……

 

ありがたいことに、『革命前夜』から徐々に新しい読者さんも増えてきまして、『また、桜の国で』でいっそう手にとっていただく機会が多くなり、文学賞の凄さをしみじみ実感しております。

正直なところ、私のような無名の作家(と言うと、少女小説時代からの読者さんに、あまり卑下するなと怒られることもあるんですが、どんなに少女小説のキャリアが長くたとえその業界ではちょっと名が知られていたとしても、一般文芸業界では全く関係ないので本当にぶっちぎりで無名なんです)は、こういう機会がなければ、本を出しても気づいてすらもらえません。部数も少ないため、なかなか書店においてもらえないですし。

書いたからには、より多くの方に読んでいたたぎたい。それは、物書きならばみなそうだと思います。

ですから、こんなに素晴らしい機会を頂けて、本当にありがたく思っております。

 

その一方で、ここに至るまでずっと応援してくださった方々への感謝は別格というか……より深く、感じ入りました。

応援してくださる方がいたからこそ、私は書くことを諦めずに来られた。今どきこんな重い話は売れないと鼻で笑われても、ここは絶対曲げるもんかとしがみついてみたりもした。

私の話を紹介してくださる方がいて、売ろうとしてくださった書店員さんたちがいて、買って読んでくださった方々がいた。次の新刊も楽しみですと言ってくださった人々がいた。

悔しいことも悲しいこともたくさんあったけど、いつも、心折れる一歩手前でふみとどまらせてくれたのは、そうした方々のあたたかい声でした。

自分が小説を書いたのは、この話を語りたい、誰かに伝えたいという思いだったはず。それだけで、ずっと書いてきたはずです。

初心を忘れず、ここからまた新たに一年はじめていきたいと思います。

あらためて、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

   ***

 

そしてここからはキャッキャしながら告知です!

 

昨年9月に徳間文庫から再刊行となった『帝冠の恋』が、オーディオドラマになります。

 

NHK-FM「青春アドベンチャー」にて、1月30日から全十回です。

もうね、出演される方々が凄すぎなんですよ……私は倒れそうになったし、舞台愛すごすぎな担当氏は倒れました。生きて!!

 

詳しくはこちらをご覧くださいませ!

 

帝冠の恋/NHKオーディオドラマ

 

もう楽しみすぎて今からどきどきしております!

もともとはコバルト文庫で書いたものなのですが、私のコバルト作品の中でも突出してラブ度が高い(高いんだよあれでも)この作品。

ゾフィー大公妃の若き時代の切ない恋、ぜひぜひご堪能ください!

 

私は存分に転がりまくれるように床をめっちゃきれいに掃除して待機しておきます。

最後まで正気を保てるか心配です……

仕事 | - | -